Ričardas Anusauskas

バードウォッチング

私たちはどれほど彼らをお手本にしているのでしょう!彼らは遠く離れた地に出かけ、海を渡り、砂漠を通り抜け、そして最高峰の頂上に到達するように。鳥たちはリトアニアに着陸するために信じられないほどの距離を飛び通さなければなければなりません。そして巣を作り、卵を産み、少しの休息の後にまた旅立ってゆきます。そうです、リトアニアはバードウォッチングに完璧な場所なのです。渡り鳥の国であり、おそらくユーラシア大陸の北部地域で最大の渡り鳥の飛来経路の下に位置しています。約80%の渡り鳥が北半球の西側から私たちの国を超えて南へ飛んでゆきます。クルシュー砂州では何千もの集団を見かける日もあります。秋の移動の間、9月半ばから10月の第二週まで、数百の鳥がバルト海の東沿岸とクルシュー潟に沿って飛びます。そのうちの一部は、森や湿地、牧草地、雄大な川沿いや海岸で短い休憩をとります。人間が立ち入っていない場所、その印象的な自然、そしてそこでコンサートを開催する希少な鳥達は、鳥類学者だけでなく野鳥観察者、鳥の鳴き声を記録する人々や写真家たちにとってとても貴重な財産です。