Š.Zurba / "Proud of Lithuania: A Fairy Tale by Sweet Root"

リトアニア料理

リトアニアでは、多くの料理が地元で取れたものを利用しています。澄んだ湖や潟で魚を捕まえ、森で狩りをし、畑で収穫し、そしてそれを庭で熟させます。それから腕のある料理人がそれらを調理して食卓に並べます。リトアニア料理はその自然らしさ、古代の伝統を新しい方法で調理する事、そしてその美しさで知られており、これらのない食事は想像できません。アボカドの代わりにコールラビが提供され、ツナの代わりに地元で獲れたパイクパーチが提供されることに驚かないでください。そしてデザートにはイラクサフィリングのカードチーズパイ、またはビーツのゼリーが提供されるでしょう!あなたがやらなければならないことはただひとつ、座って目の前のものをすべて味わう事だけです。

伝統料理を味わう

リトアニアの伝統料理ツェペリナイについて聞いたことはありますか?挽肉やカードチーズ、またはキノコを詰め、すりおろしたジャガイモに包まれた飛行船の様な形をしているお団子のような料理です。しかしこれが伝統的なリトアニア料理の全てではありません。伝統料理を試したいなら、様々な料理の起源である地域を旅してまわる事です。例えば、ズーキヤ地方ではジャガイモのバンダ(banda)とそば粉のボダ(boba)はどうでしょう。サモギティア地方では、カスティニース(kastinys)またはツィブリネ(cibulinė)などのスープを頂けます。スドヴィア地方では、燻したスキランディス(skilandis)、またはオーブンで焼いたお肉の詰まったキャベツ料理が名物です。そして、アウクシュタイティヤ地方では、グラス一杯の自家製ビールかギラ(gira)が注がれます。エプロンを着けオーブンの後ろに回り、あなた自身で火をおこし焼いたりしてみて下さい。あなたの国では体験できない、何かを学ぶとても良い機会です。

祝い事の料理

誠意をもってゲストをおもてなしする事は、リトアニアの古い伝統です。尋ねること無しに、ゲストのお皿を食べもので山盛りにする習慣は少しずつ消えてきているかもしれません。しかし私たちの伝統的な祝日には、いまだにテーブルを囲んで集まる事や家族との心からの会話、そしてあり余るほどの食べ物がつきものです。

郷土料理

リトアニアには5つの民族地域があり、そしてそれらの地域では、特徴の異なる其々の特別な伝統料理を作ります。

マナーハウスでの料理

リトアニアの貴族階級のマナーハウスは、おもてなしの心で有名でした。主人達は、フランスやイタリアから腕の良いシェフを呼び寄せる事が出来るかお互いに競っていました。海外の味付けによって一味添えられたリトアニアの森と畑からのご馳走は、ゲストからも高く評価されました。本物の貴族にとって、食卓で死ぬことは本望だという言い伝えがあります。ゲストにお腹いっぱい食べてもらうという伝統は、修復されたマナーハウスに今でも残っています。マナーハウスでは特別なディナーを楽しむことができます。あなたはこれらのご馳走に備えなければなりません。ぜひ、お腹を空かせて行ってください。

少数民族の料理

いくつもの出来事が世紀を超えてリトアニアで交差してきました。歴史は私たちの小さな国に定住した民族集団や少数民族たちを定住させ、リトアニアの生活や伝統になくてはならない一部となりました。彼らの料理も同様です。

飲み物の伝統

“そして私はビールとはちみつ酒を飲んだ。それは私のあごひげを流れ落ちて行きました…”これが全てのリトアニアのおとぎ話の終わり方です。

予期せぬ美味しさを体験

リトアニアの様々な地域では、予期せぬ美味しさが溢れています。さぁ!味覚でリトアニアを再発見しましょう!