© www.vilnius-tourism.lt

芸術と文化

昔から現代まで、リトアニアの芸術はリトアニア人たちの心の中で特別な役割を担ってきました。創造の力は私たちの内側にあり、さらに次のステップに進めるように導いてくれるのです。呼吸の音がときどき映画音楽のように聞こえ、海で髪をなびかせる風は歌の歌詞になり、蹴り飛ばされた道端の石は彫刻に、遠く離れた場所から送られてきた友達の手紙は、絵画の一部となるように。創造には、はじめも終わりもありません。私たちの中に存在し、踏み出す勇気がなかった一歩を踏み出させ、もし創造の力がなかったらわからない符号に気づかせてくれます。創造なしの人生はあり得ないですし、私たちが現在住んでいるようなリトアニアもないかもしれません。想像力がリトアニアの文化をとても特別なものにしているのです。

ミュージアム

リトアニアには興味深いストーリーを持つ博物館がたくさんあります。古城にある壮大な博物館はこの国の輝かしい歴史を再現し、小さな博物館は地方の熱心なコミュニティーに育て守られています。価値のあるアートコレクションを展示し、ユニークな展示物であなたの興味を惹きつけます。博物館は自慢の膨大なアーカイブを持ち、最も革新的な展示方法で学ぶことができます。リトアニアで運営している100を超える博物館はその多様性であなたを驚かせるでしょう。

壁に隠された歴史

リトアニアの建築はとても古いです。街中の塔は数え切れないほどの長い日々の様子の目撃者です。もし、通りの煉瓦の壁が話すことができたなら、ヨーロッパ中を旅してきた有名な建築家とその弟子について語り始めるでしょう。注目すべき流派と建築の流行が街並みに残した痕跡は当時を思い起こさせてくれます。リトアニア建築の独自性は歴史的状況だけでなく、異なる時代に生きた人々、彼らの芸術の感じ方、待望、実現された夢と実現されなかったものからも特徴づけられています。彼らの生活空間の理解、彼らが誇りに思い世界に示したかったもの。木や石や泥から始まり、リトアニアでは13世紀にはすでにレンガ造りの建築を建てました。その時代のレンガの建物は、例えば大聖堂の鐘楼など、ビリニュスの中心地で見ることができます。芸術の傾向と建築形式や文化の多様性を取り入れ、リトアニアは並外れた独特な建築の性質を作り出しました。

現代アート

もし芸術が世界を変えるなら、リトアニアも変えることができるでしょう。リトアニア人は現代アートを高く評価しています。私たちの現代アートの歴史は、勃興期と黄金時代、何も感じない静寂と時代の水の流れに逆らうような大胆な試みを目の当たりにしてきました。大戦期の魅力的な近代主義、ソ連時代の鬱屈とした現実、雪解けの傑作と現代の世界を反映しているアートの創造的なきらめきは、美術館やギャラリーだけでは収まらない類まれなアート空間を創造します。それは素晴らしいカルチャーの世界へあなたを取り込んでいざないます。

文化イベント

リトアニアではたくさんのイベントが開催され、文化的なイベントは私たちを結びつけます。歌の民である我々が通りで歌を歌ってなかったら、博物館にいるはずです。もし、船の帆が風を捉えられず前に進まず会場に行けそうもなければ自分で泳いで行きます。私たちは心地よいジャズを愛し、そして夜には海辺で裸足で踊るような気持ちで星を眺めます。劇場で息を吸い、脈動するイベント、前向きな感情、そしてコミュニティーのエネルギーを吸収します。

劇場

慎み深さが国民性というのがリトアニア人の冗談だとしても、謙遜するのはやめにしましょう。リトアニアは劇場の国です。リトアニアには多くの劇場があり、リトアニア人はそれを深く愛しています。信じ難いですが、劇場のチケットのために夜通し長い行列に並ぶこともあったのです。今日ではそんなに長い行列はありませんが、最も良い演目のチケットはオンラインでは入手できません。事前にチケットを予約し劇場の魔法に身をゆだねましょう。なぜならリトアニアの最高の劇場のステージ上で起こる事は、実際に魔法なのです。

古くからの工芸

この世の全ては変化していくものですが、いくつかの事がそうでないことは素晴らしいと思いませんか。リトアニアの伝統工芸は魔法に満ちており、それらは国内でもとても人気があります。世紀を超えて工芸の秘密を守り続けている人々は実に素晴らしく、彼らは先祖が数百年前にしていたのと全く同じ方法で轆轤(ろくろ)を回し、そして祖父母がやっていたのと全く同じ方法で窯に入れ直火で焼きます。リトアニアの村々では、今でも曾祖母が嫁入り衣装を織るのに使った古い織り機を見つけることができます。今日では、古代バルトの織り模様は新しい生活や新しい解釈で用いられています。同様に、人々は自宅に古代伝統に従った木製の十字架を吊るし、物思いにふけった表情のキリストの彫刻を有し、現代のコンロの上では木製のスプーンでジャムをかき混ぜます。鍛冶はリトアニアでは常に格別の工芸と認識されています。名声を得ている工匠でも、才能ある技術を家やその周囲を装飾することに使います。これらの工芸品は、リトアニアで有名な民芸市で見ることができます。そして伝統工芸の技術は、美術館や職人たちが開催しているワークショップなどで学ぶことができます。