V. Gegužis

自然

リトアニアの自然は私たちにとって最大の宝です。グリーンの色合い、透き通るきれいな水、そしてうっとりするような風景など、リトアニアの自然の恵みは人々や観光客にとってかけがえのないものです。リトアニアの最大の自然の宝を守り育てながら、この国を楽しんでください。

学びのハイキングトレイル

リトアニアの自然の清らかさは、どのようにして感じ、触れて、匂いを感じて、体験できるでしょうか?ぜひ自然と文化を同時に満喫できる学びのトレイルにトライしてみて下さい!時間をかけてリトアニアの美しい片隅に設けられた150を超える遊歩道から選んでください。これらを歩くと、興味深い自然の数々に出会うだけでなく、リトアニアの森の数え切れないほどの音を聞き、湿原の魅力の謎が溶けてくるはずです。そして休憩時には湧水や小川の水でリフレッシュしてください。

風景観察

リトアニアは平坦な土地です。この国で最も高いアウクシュトヤ(Aukštojas)の丘は294mしかありません。しかしながら、高い山が無くともリトアニアの多様で美しい自然のパノラマは楽しむことができます。何千年にもわたって、自然それ自身が、そしてここ数年の間はリトアニアの創意に富む人々が、その景色に見惚れるのに理想的な場所が十分にある事を知っていたのです。古代の要塞、巨大な砂丘、展望塔など - 選択はあなた次第です。

エコツーリズム

窮屈な都会に疲れたとき、私たちは外に出て新鮮な空気と平穏を求めます。そのための新しい何かに挑戦する最高の手段はエコツーリズムです。全てがナチュラルで、ほとんど人間によって触れられていない場所。これこそが、なぜリトアニアに来る価値があるかという理由なのです。水晶のように澄み切った湖、神秘的な湿地、数世紀にわたる古い森とその森に存在する古代の村。あなたが人間と自然の本当の調和を理解するであろう、何百もの場所が待っています。

バードウォッチング

私たちはどれほど彼らをお手本にしているのでしょう!彼らは遠く離れた地に出かけ、海を渡り、砂漠を通り抜け、そして最高峰の頂上に到達するように。鳥たちはリトアニアに着陸するために信じられないほどの距離を飛び通さなければなければなりません。そして巣を作り、卵を産み、少しの休息の後にまた旅立ってゆきます。そうです、リトアニアはバードウォッチングに完璧な場所なのです。渡り鳥の国であり、おそらくユーラシア大陸の北部地域で最大の渡り鳥の飛来経路の下に位置しています。約80%の渡り鳥が北半球の西側から私たちの国を超えて南へ飛んでゆきます。クルシュー砂州では何千もの集団を見かける日もあります。秋の移動の間、9月半ばから10月の第二週まで、数百の鳥がバルト海の東沿岸とクルシュー潟に沿って飛びます。そのうちの一部は、森や湿地、牧草地、雄大な川沿いや海岸で短い休憩をとります。人間が立ち入っていない場所、その印象的な自然、そしてそこでコンサートを開催する希少な鳥達は、鳥類学者だけでなく野鳥観察者、鳥の鳴き声を記録する人々や写真家たちにとってとても貴重な財産です。

自然散策の場所

しばしばリトアニアは、自然散策の場所のある一つの大きな森のように見えます。香り高い松の森に覆われ、オークの古木で飾られています。魅惑的な白い樹皮の白樺と、神秘的なモミの林に魅了します。町の中心に向かっていても、森はそれをすべて遠ざけるようにいざないます。たとえそれが夜や週末だけだったとしても。キャンプ場や森に広がるその素晴らしい眺め、広大な牧草地、またはヒルフォートの麓は息をのむほどで、夢を見ているのではないかと錯覚するほどでしょう。夢を見ているのでなければ、辺りを少し散策してみませんか?リトアニアにはピクニックするためのたくさんの場所があります!森や国立公園などの規則が許せば、キャンプを設営したり、芝生の上でピクニックをしながら半日過ごしたりする事が出来ます。良い天気と素敵な仲間、美味しいおやつ、たき火の煙、そして美しい場所。完璧な散歩に必要なものは全て揃っています。そして確かなことは、リトアニアは美しい場所に事欠きません。しかし私たちの環境は守ってください。すべての木々、ベリーの茎、コケも自然の奇跡の一部です。念入りに場所を選び、観光案内所や観光局のサイトで情報を探し、そして出かけましょう!

ウォーターレクリエーション

リトアニア人がどれほど夏を楽しみにしているのかは想像がつかないでしょう!リトアニア人は水のレクリエーションが大好きです。波を飛び越えて爽やかなバルト海にジャンプする日々。鏡のように星々を映す湖で温かい毛布にくるまる夜。クルシュー砂州、クライペダ、パランガ、 そしてシヴェントイ (Šventoji)の白い砂浜、そしてリトアニアの美しい湖畔や川岸は、まさに夏の初日から秋まで訪れる人々を歓迎します。ライフガードに護られた浜辺と海岸、豪華なホテルや田園のホームステッド、または湖畔のテントの中。これらは皆にとって忘れられない場所です。

News

いい気分と幸せホルモンのリトアニアでの狩り

朝の渋滞、きのうまでだったのにまだ終わらせていない仕事、風邪で寝込んでいる子ども、きょうも達成しなかった一万歩、遅い夕食に炭水化物、見たいと思う映画の長くなるリスト、テレビの前でのうたた寝…体内バテリーのレチャージが必要ではありませんか。リトアニアに脱出するプランはいかがですか。ここなら、適切な世話をしてもらえます。

A map of 20 most unusual ice-cream flavours for sunny September

Bacon, beetroot and seaweed are just a few of the unusual ice-cream flavours offered by Lithuanian chefs. Continuing its tradition of the GASTRO travel guide across Lithuania, the national tourism promotion enterprise Lithuania Travel presents an interactive map of the locations where you can taste the most unusual flavours of ice-cream, a dessert much loved by Lithuanians.

Inbound tourism growth to Lithuania in H1 2019 highest in 5 years

A total of 831,000 foreign arrivals – a spike of 9.25% – was recorded in H1 2019, the highest in the past five years. The number of domestic and foreign tourists who travelled in Lithuania with at least one overnight totalled 1,750,000 or 11.30% more than in the same period in 2018.

New Baltic cuisine takes shape in Lithuania

Seasonal, hip and boldly weird is a fitting definition for the Baltic cuisine re-imagined by Lithuania’s best chefs.

Walking around downtown Vilnius, you’ll find the kind of cuisines that are common to all big cities – from Ukrainian dumplings to Jewish bagels (born in Vilnius, by the way), from Sichuan stews to Peruvian pastries.

A quirky culinary tour around Lithuania for taste buds

A quirky culinary tour around Lithuania for taste buds

For gourmets in search of new tastes, Lithuania has much to offer. So, if you find yourself with guests seeking out new culinary experiences, here’s a rundown of 10 of the taste sensations that the country has in store.

TOP 10 gourmet experiences in Lithuania