A. Aleksandravičius

ジャガレ(Žagarė)にある“ポットの家”で写真を撮りましょう

ポット、フライパン、スプーンそして他のアルミ素材のキッチン用品で飾られたこの不思議な家は、遠くからでも目立ちます。この“ポットの家”はエドムンダス・ヴァイチュリス(Edmundas Vaičiulis)さんの作品で、ポットや他の古い素材を周辺の町に住む人々から買い集めています。この家はかつてユダヤ人の店だったので、家の中の壁を覆っていたユダヤの新聞が壁紙の数層下に残っています。そしてここの最も価値のある展示物は、ユダヤ教の律法かもしれません。